コロナ臨時特例つなぎ資金貸付とは何で即日入金は可能?東京都の申請方法も!

トレンド
スポンサーリンク

失業保険や住宅手当などの公的給付制度や、総合支援資金のような公的貸付制度など、給付制度や貸付制度がたくさんありますよね。

その中で、「臨時特例つなぎ資金貸付」という制度があるのはご存知でしょうか?

こちらも公的な貸付制度になるのですが、この記事では、

・臨時特例つなぎ資金貸付とは何?
・臨時特例つなぎ資金貸付は即日入金は可能?
・東京都の臨時特例つなぎ資金貸付の申請方法は?
これ等についてお話していきたいと思います!

なお、どうしても即日入金してもらいたい!審査も早く済ませたい!そんな場合は、トライフィナンシャルサービスを利用してみて下さい。

TRYフィナンシャルサービス

全国即日キャッシングのTRYフィナンシャルサービス

臨時特例つなぎ資金貸付とは何?

臨時特例つなぎ資金貸付制度とは、住居のない離職者を支援するための制度のことです。

失業保険や住宅手当、就職安定資金融資等の申請を行った後に、給付が開始されるまでの間の生活が困窮している場合に借入を行うことができます。

その際、貸付けを受けようとする人名義の金融機関の口座を持っていることが貸付の条件となります。

貸付上限額は10万円で連帯保証人は不要、無利子で借入が可能です!

なお、臨時特例つなぎ資金貸付の管轄は社会福祉協議会になります。ハローワークではないので注意してくださいね!


次の項目では、臨時特例つなぎ資金貸付は即日入金が可能かどうかについてです。

臨時特例つなぎ資金貸付は即日入金は可能?

臨時特例つなぎ資金貸付は生活が困窮している場合に申請したい制度なので、すぐにでも入金してもらいたいですよね。

実際のところ、臨時特例つなぎ資金貸付は銀行振込による貸付なので、振り込み手続きにかかる時間等を考えると、申請当日中の貸付は正直難しいです。

ですが、「臨時特例」のつなぎの資金なので、最短で2~3日で振り込まれることが多く、1週間は掛からないようです。

また、臨時特例つなぎ資金貸付制度は、原則貸付が交付されてから1ヶ月以内に全額返済る必要があります。

ですが、もし1ヶ月以内に一括で返済できない場合は、社会福祉協議会に相談することで、月賦払いへ変更してもらえる可能性があります!


次の項目は、東京都での申請方法についてご説明したいと思います。

東京都の臨時特例つなぎ資金貸付の申請方法は?

東京都の臨時特例つなぎ資金貸付の申請方法ですが、まず東京都社会福祉協議会で申請を行うことになります。

コロナの状況次第では郵送のみの申請手続きになるかも知れませんので、直接行く前に一度電話で確認してみましょう。

その際、

・公的給付制度(失業保険等)または公的貸付制度の申請が受理されていることを証明する書類
・借入申込者名義の金融機関の預金通帳の写し


等をご自身で準備する必要があります。

関連記事

・千代田区コロナ一律12万円の給付はいつからで対象者は?条件や手続き方法も!についてはこちら

・新宿コロナ見舞金10万円支給はいつから?対象者や条件、申請方法も!についてはこちら

・介護休業給付金とは何で上限はいくら?パートや退職後に受給できる?についてはこちら

・総合支援資金とは何で審査内容や基準は?落ちたらどうする?についてはこちら

・住宅確保給付金とは何で条件や申請方法は?必要書類は何?についてはこちら

・現金給付以外にもらえるお金は何?簡単に借りる方法や支払い猶予があるものはある?についてはこちら

TRYフィナンシャルサービス

全国即日キャッシングのTRYフィナンシャルサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました