コロナ学生支援緊急給付金とは何で条件や申請方法は?LINEでも可能?

トレンド
スポンサーリンク

コロナの影響で収入に困っているのは大人だけではありません。アルバイトで生計を立てている学生も困っている方が多いんです。

そこで、学生のための支援制度「学生支援緊急給付金」のことはご存知でしょうか?受給対象であれば学生も給付金を受け取れるんです♪

この記事では「学生支援緊急給付金」の受給条件や申請方法についてお伝えしたいと思います!


お金がピンチ…!誰かに相談したい方は!><

お金でお困りの方がコロナの影響で増えています。。

どうしても足りない場合は、法律相談を受けてみてはいかがでしょうか?
全国に事務所を構える「杉山事務所」はWEBで無料相談や申し込みも可能です!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

貴方も抱えていませんか?借金のお悩み。解決の糸口はここにあります【杉山事務所】

学生支援緊急給付金とは何?

学生支援緊急給付金とは、保護者の収入激減で仕送りが減り、また、アルバイト先を解雇されて生活が困窮、就学継続自体が困難になってしまった学生を助ける制度のことです!

「学びの継続」の危機を抱える学生を緊急に支援するための制度ということですね^^


学生1人当たり10万円(住民税非課税世帯の学生は20万円)が支給されます。

「本人が非課税証明書を出せば20万円を支給できるのでは?!」という疑問も出てきそうですが、これはNG!親元を離れてアルバイトで学校に通う学生の大部分は、住民税非課税だと思いますが、20万円支給となるのは原則、保護者が住民税非課税であることが大前提です!

学生支援緊急給付金を受給できる条件は?

学生支援緊急給付金の受給対象は、留学生を含む大学、短大、高専、専門学校生です。

最終的には、学校側が自己申告に基づいて判断しますが、判断基準は主に下記のようになります!

①家庭から自立して、アルバイト収入で学費を賄っている者
②コロナ感染拡大の影響で、収入が大幅に減っている者(50%以上)
③就学の継続が困難であると、大学側が必要性を認める者

また、今年4月に入学したばかりの新入学生については「アルバイトを予定しており、得られるはずであった収入が得られなかった場合」は受給対象、自宅生については「家庭から学費等の援助を受けていない場合」は受給対象となるようです!

学生支援緊急給付金の申請方法は?LINEでも申請できるの?

学生支援緊急給付金の申請方法ですが、なんとLINEで申請できるんです!他の給付金もLINEで申請したい…(笑)

※一部の学校ではLINE申請を適用していないので、その際は紙での申請になります。

学生は、在籍大学から送られるQRコードやURLを読み込み、友だち追加することで、LINEを使って手軽に申請作業を行うことができます。スマホで簡単に申請できるということですね♪

ここで注意しなければならないのは、QRコードやURLは大学によって異なるため、必ず在籍大学のものを使用すること!

また、申請時期は大学によって違うため、学生は大学のWebサイトや学生向けポータルサイトなどを確認し、募集時期を見逃さないように注意する必要もあります。

申請方法は通う学校に確認してみて下さい♪

関連記事

・新型コロナ対応休業支援金とは何でアルバイトやパートはどうなる?いつから支給される?はこちら

・持続化給付金とは何で返済は必要?フリーランスも申請できる?はこちら

・特別定額給付金の振込はいつ?東京で早いのはどこ?についてはこちら

・住宅確保給付金とは何で条件や申請方法は?必要書類は何?についてはこちら

・総合支援資金とは何で審査内容や基準は?落ちたらどうする?についてはこちら

・現金給付以外にもらえるお金は何?簡単に借りる方法や支払い猶予があるものはある?についてはこちら

・失業保険受給中に特例免除制度でお金は軽減できる?対象者や申請方法についてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました