新型コロナ対応休業支援金とは何でアルバイトやパートはどうなる?いつから支給される?

トレンド
スポンサーリンク

連日、コロナの関係で様々な制度や法律がニュースに出ています。

今回、新たに「新型コロナ対応休業支援金」を休業者が直接申請できるとのニュースが出ました!そろそろ混乱してきましたよね!(笑)

この記事では新しい制度である「新型コロナ対応休業支援金」についてまとめました!特に休業者の方は参考になると嬉しいです^^


お金がピンチ…!誰かに相談したい方は!><

お金でお困りの方がコロナの影響で増えています。。

どうしても足りない場合は、法律相談を受けてみてはいかがでしょうか?
全国に事務所を構える「杉山事務所」はWEBで無料相談や申し込みも可能です!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

貴方も抱えていませんか?借金のお悩み。解決の糸口はここにあります【杉山事務所】

新型コロナ対応休業支援金とは何?

新型コロナ対応休業支援金とは、新型コロナウイルス感染症の影響で休業させられ、勤務先から休業手当を受け取れないといった労働者が直接、現金を申請できる新たな個人給付制度のことです。

この個人向け給付制度を実施するための「新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための雇用保険法の臨時特例等に関する法律案」が6月8日、閣議決定され国会に提出されています。

こちらの支援金、企業が雇用調整助成金を活用しない=企業から休業手当を受け取れない労働者が直接、現金を申請できる新たな給付金制度となるのですが、中小企業の被保険者(労働者)に対し休業前賃金の80%、月額上限33万円を休業実績に応じて支給できるようになります。

(大企業だと支給されません…)

アルバイトやパートは支給対象になる?

今回、閣議決定された法律案では、雇用保険の被保険者でない労働者も給付金を支給できるようにする内容も盛り込んでいます。

なので、週20時間未満の勤務など雇用保険に加入していないアルバイトやパートといった非正規社員なども対象となる見通しです!

支給開始はいつから?

新型コロナ対応休業支援金の支給開始日ですが、まだ具体的な日程は決まっていないようです。

ですが、厚生労働省によると、7月末までの支給開始を目指す考えを示しており、申請は郵送やオンラインでも対応できるように準備を開始するそうです。

そして、申請から支給までの期間は2週間を目途にしたいとも述べています!


休業手当を受け取れていない、中小企業にお勤めの方はぜひ申請してみて下さい!

関連記事

・持続化給付金とは何で返済は必要?フリーランスも申請できる?はこちら

・特別定額給付金の振込はいつ?東京で早いのはどこ?についてはこちら

・住宅確保給付金とは何で条件や申請方法は?必要書類は何?についてはこちら

・総合支援資金とは何で審査内容や基準は?落ちたらどうする?についてはこちら

・現金給付以外にもらえるお金は何?簡単に借りる方法や支払い猶予があるものはある?についてはこちら

・失業保険受給中に特例免除制度でお金は軽減できる?対象者や申請方法についてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました