コロナ持続化給付金とは何で返済は必要?フリーランスも申請できる?

トレンド
スポンサーリンク

最近、世間を騒がせている持続化給付金業務の委託問題。20億円もの“中抜き”疑惑が発覚しているとか…!

そもそもこちらの「持続化給付金」。よく分からないという方も多いのではないでしょうか?

この記事で「持続化給付金」についてまとめてみましたので、参考になれば嬉しいです^^


お金がピンチ…!誰かに相談したい方は!><

お金でお困りの方がコロナの影響で増えています。。

どうしても足りない場合は、法律相談を受けてみてはいかがでしょうか?
全国に事務所を構える「杉山事務所」はWEBで無料相談や申し込みも可能です!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

貴方も抱えていませんか?借金のお悩み。解決の糸口はここにあります【杉山事務所】

持続化給付金とは何?

持続化給付金とはコロナの感染拡大により、特に大きな影響を受けている事業者に対して、事業継続の下支えや、再起の糧とするため等の事業全般に広く使える給付金のことです。

昨年度年間売上からの減少分を上限として、法人は200万円、個人事業主(開業届を出していなくても可)は100万円が、申請から2週間程度で振り込まれます。

持続化給付金の申請は、Web申請が基本となっています!


なお、持続化給付金は事業収入の減少を補填するものなので、経費を差し引いた残りの金額は、通常の事業収入と同じ様に課税対象となります!

持続化給付金は返済が必要なの?

持続化給付金は「給付金」扱いになりますので、返済は不要です!

「融資」は返済する必要のあるお金ですし、「補助金」は申請をしても審査に通らなければ受給できませんが、「給付金」と「助成金」は要件を満たせば原則必ず貰うことが可能です。

持続化給付金はフリーランスでも申請できるの?

持続化給付金はフリーランスでも申請できるのかと言いますと、答えとしてはできます!

上記で持続化給付金の金額を説明した際に、「昨年度年間売上からの減少分を上限」と記載しましたが、フリーランスも対象になり、2019年に開業した人でも対象になるんです!

なので持続化給付金の対象者は幅広く、もらえる人が多いということになりますね!


申請期間は令和2年5月1日(金)から令和3年1月15日(金)までとなっています。

関連記事

・特別定額給付金の振込はいつ?東京で早いのはどこ?についてはこちら

・住宅確保給付金とは何で条件や申請方法は?必要書類は何?についてはこちら

・総合支援資金とは何で審査内容や基準は?落ちたらどうする?についてはこちら

・現金給付以外にもらえるお金は何?簡単に借りる方法や支払い猶予があるものはある?についてはこちら

コロナ失業保険受給中に特例免除制度でお金は軽減できる?対象者や申請方法についてはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました