千代田区コロナ一律12万円の給付はいつからで対象者は?条件や手続き方法も!

トレンド
スポンサーリンク

東京都千代田区が新型コロナウイルス対策として、千代田区民に一律12万円の現金給付をする方針を固めました!千代田区民の皆さんからするととても嬉しいニュースですよね!

この記事では、

・千代田区のコロナ一律12万円の現金給付はいつから?
・千代田区のコロナ一律12万円の現金給付の対象者は?
・千代田区のコロナ一律12万円の現金給付の条件や手続き方法は?

これ等についてまとめてみました!

TRYフィナンシャルサービス

全国即日キャッシングのTRYフィナンシャルサービス

千代田区コロナ一律12万円の給付はいつから?

千代田区のコロナ対策として、一律12万円の給付はいつからかと言いますと、早ければ10月から給付開始とされています。

7月中に開かれる区議会臨時会で、事業費を含む補正予算案が可決されるかどうかで給付開始のタイミングは変わってくるかもしれません。

ちなみに千代田区の一律12万円給付は、一括で振り込まれるものではなく、月1万円を12カ月続けて給付される仕組みとなっています!

なお、政府が打ち出している特別定額給付金(国民1人あたり一律10万円給付)ですが、千代田区の場合、申請期限が郵送・オンライン共に8月26日までとなっていますので、まだ受け取っていない方はお早めに!

千代田区コロナ一律12万円の給付対象者は?

千代田区コロナ一律12万円の給付対象者は千代田区民全員です!全区民約6万6000人を対象に、1人当たり12万円を給付する方針で固めています。

千代田区に住民登録されていれば、大人子供全員に給付されるということですね^^コロナの感染有無も問わないということになります。

千代田区民の不安を払拭し、生活支援をするために行われる今回の一律12万円給付。千代田区は東京23区で最も人口が少ないですが、自治体独自の現金給付の中でもとても大きい額となっています。

一体どこからそのような大きな額が出せるのか言いますと、給付金の財源は主に財政調整基金(区の貯金)などから捻出するとしています。財源を山分けする人口が少ないから、ということでしょうか…?

千代田区コロナ一律12万円の給付条件や手続き方法は?

千代田区コロナ一律12万円の給付方法について、早ければ10月から電子手続きではなく、郵送で申請を受け付け開始予定となっています。

特別定額給付金(国民1人あたり一律10万円給付)の時のように、混乱が生じて手続きが遅くならないと良いのですが…!

詳しい給付条件や手続き方法については、分かり次第また更新していきたいと思います!

関連記事

・新宿コロナ見舞金10万円支給はいつから?対象者や条件、申請方法も!についてはこちら

・介護休業給付金とは何で上限はいくら?パートや退職後に受給できる?についてはこちら

・総合支援資金とは何で審査内容や基準は?落ちたらどうする?についてはこちら

・住宅確保給付金とは何で条件や申請方法は?必要書類は何?についてはこちら

TRYフィナンシャルサービス

全国即日キャッシングのTRYフィナンシャルサービス

コメント

タイトルとURLをコピーしました