台風12号2020東京への最接近はいつ?交通機関影響と最新進路予想も!

台風12号 2020 東京 進路 最新 トレンド
スポンサーリンク

台風12号が現在太平洋を北上しています!

今回は直撃がほとんどないとは言われていますが、雨風の影響で土砂災害や浸水が心配されています><

ぜひ安全な行動を心掛けていきましょう!

今回は、台風12号が東京へ最接近するのはいつなのか、交通機関や最新情報などについてお伝えしたいと思います!


台風が多いこの時期に、親子でお揃いのレインブーツは如何でしょうか?

憂鬱な気分もお揃いコーデで気分が晴れますよ♪


\レインブーツ購入はこちらをクリック/

台風12号2020東京への最接近はいつ?

2020年台風12号が東京へ最接近するのは、24日~25日にかけて最も最接近するとされています!

9月23日19時現在の情報だと、台風12号は現在、伊豆諸島の八丈島の東の海上を北寄りに進んでいて、25日にかけて関東の東の海上を進む見込みです。

日本に直撃する可能性が低くなったとは言え、前線の活動が活発になる影響で、関東や東北の太平洋側を中心に雨が強まる見込みで、台風の中心から離れた場所でも土砂災害や低い土地の浸水などに警戒が必要です。

台風12号の中心の気圧は985ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートルで、暴風域は現在のところありませんが、中心の東側390キロ以内と西側280キロ以内は風速15メートル以上の強い風が吹いています。

前線の影響で各地で雨が降っているようですね!土砂災害警戒情報が出されている地域もあるので、十分に気を付けましょう!

台風12号2020による東京の交通機関影響は?

2020年台風12号による交通機関の影響ですが、太平洋側の地域を中心に遅延などの影響が出る可能性が出てきています!

特に24日(木)は一部の新幹線・在来線で運転見合わせになるほどの雨風の強まりが懸念されています。

高速道路や飛行機も24日が一番影響が出るとされています!

25日(金)になれば交通機関の影響は徐々に回復されていくので、お出掛け・通勤通学の際には各交通機関の運行状況を確認しておきましょう。

台風12号2020の最新進路予想は?Windy動画も!

2020年台風12号の最新進路予想ですが、23日午後7時には伊豆諸島の八丈島の東南東80キロの海上を1時間におよそ25キロの速さで北東へ進んでいるとみられます。

そして、そのまま24日から25日にかけて関東の東の海上を北東に進み、関東地方に近づくおそれがあります。

また、24日夕方までの24時間に降る雨の量は、いずれも多いところで、

・伊豆諸島で250ミリ
・関東で200ミリ
・東北で180ミリ


と予想されています。

東北ではさらに25日夕方までの24時間に100ミリから200ミリの雨が予想され、大雨となるおそれがあります。


また、こちらが台風12号のWindyでの様子となっています。

直撃はほとんどないとは言え、大雨や強風には十分気を付けましょう!


\レインブーツ購入はこちらをクリック/

コメント

タイトルとURLをコピーしました