2020新型レヴォーグの価格と内装は?燃費やサイズの最新情報も!

トレンド
スポンサーリンク

2020年10月15日に、スバルの新型ワゴン「レヴォーグ」が正式発売されます!

8月20日より予約受付はスタートしているので、既に予約済みのファンも多いのではないでしょうか?^^

今回は、

・新型レヴォーグの価格と内装は?
・新型レヴォーグの燃費やサイズは?
・新型レヴォーグの最新情報は?

などについてご説明したいと思います!


レヴォーグ用のサンシェードがネット通販で購入できます♪

まだまだ日差しが強いこの時期、ディーラーより安く買うことも可能ですよ!


\サンシェード購入はこちらをクリック/

新型レヴォーグの価格と内装は?

新型レヴォーグの価格は280万円超〜370万円超(税抜)となっています!

グレード毎の価格設定のイメージは下記のようになっています。(全て税抜)


・「GT」…280万円超
・「GT-H」…300万円超
・「GT EX」…310万円後半~320万円未満
・「GT-H EX」…330万円中盤~340万円未満
・「GTI Sport」…330万円台後半~340万円未満
・「STI Sport EX」…370万円超



3D高精度地図データが搭載された高度運転支援システム「アイサイトX」は全グレードに標準装備されており、+35万円になるようです。


そして、新型レヴォーグは内装にもとてもこだわりを見せています!

運転席に座ると、11.6インチセンターディスプレイと、12.3インチのフル液晶メーターを中心としたデジタルコクピットに生まれ変わっています。真ん中にタブレットがあるイメージですね!メーターも全てデジタルに^^

次はシート。座り心地だけではなく、さまざまな体型の人たちに正しい姿勢をとれるように、シートのスライド量やステアリングのチルト・テレスコの量を拡大。シートの座面の形と中のウレタンクッション、骨組みまで一新して、ロングドライブでも疲れないようなシート構造にしています。

体重を分散するようなシート形状にするとともに、ウレタンの発泡密度を座面は柔らかく、側面は固くしてホールド性を向上。バネも沈み込まないように、体を支えられるような固さとすることで、長時間の運転でも体が痛くならないような工夫をこらしているのだとか!

最上級グレード「STI」になると、シートの高級感が一気に増しますね♪

グレードごとに異なるシート表皮を採用するも、「疲れにくいシート」という基本構造は変わらないです!

新型レヴォーグの燃費やサイズは?

新型レヴォーグの燃費は下記のようになっています。

・GT系…13.7km/L
・GT-H、STIスポーツ…13.6km/L


うーん、やはり燃費はそんなに良くないですね(^^;)

従来型のJC08モード燃費は、1.6Lターボが16km/L、2Lターボは13.2km/Lでしたが、新型レヴォーグは、先代の1.6Lに比べて16.6km/L・16.5km/Lというように、動力性能と燃費の両方で向上は図られています。


サイズに関しては、ボディサイズが4755×1795×1500mm(全長×全幅×全高。プロトタイプ参考値)と、現行型に対して全高を据え置きつつ、全長は65mm、全幅は15mmそれぞれ拡大するも、エクステリアデザインがシェイプを絞ったようなスポーティなデザインになっています。

一見荷室容量が減ってしまいそうな?デザインではありますが、今回は10L拡大した492Lを確保しています!

更に!ラゲッジボード下のサブトランク容量を29L拡大して69Lの大容量を実現!

スーパーの買い物かご2つをそのまま収納できるほか、スノーボードのブーツも入れることが出来ます!スノボ好きの主婦の私にとってはココはポイント大きい(笑)

新型レヴォーグの最新情報!

新型レヴォーグの最新情報ですが、8月20日に予約開始されたことで、様々な情報が更新されていますね!

「百聞は一見に如かず」ということで(笑)こちらの動画で見てもらったほうが分かりやすいのかなと思います!

個人的に感動したのが、スバルのエンブレムに手を近づけるだけでリアゲートが自動で開く機能!!片足をかざしてリアゲートを開ける機能は他社メーカーで増えていますが、スバル曰く、雪道や凍った路面で片足立ちは滑ってしまう危険があるからだとか!これはスゴイ!!

動画内の7:40頃に紹介されていますよ♪

その他にも、内装や外装、実際の走りについても解説されています^^

関連記事

アイサイトXとは何でレヴォーグ以外の搭載車は?メーカーはどこ?


\レヴォーグ専用サンシェード購入はこちらをクリック/

コメント

タイトルとURLをコピーしました