なぜ糖質制限をしてはいけない人がいるのか?それは遺伝子によるから!

その他
スポンサーリンク

「糖質制限をしてはいけない人がいる」

これを聞いて、糖質制限ダイエットしている人はギョッとしませんでしたか?
ここ数年でよく聞く「糖質制限ダイエット」。効果が出た人もいれば、なかなか痩せない人もいるのではないでしょうか。

効果が出なかった人、もしかしたら「遺伝子」に関係しているかも知れませんよー!

「自分の遺伝子がわかる本」で糖質制限をしてはいけないかどうかが分かる!

今回ご紹介するこちらの本。著者は日本人としてほぼ初となる遺伝子カウンセラーとして、約3000人のカウンセリングや遺伝子検査を行ってきた方です。約3000人の遺伝子データを元に、本の中のチェックリストに答えるだけで、ほぼ自分の遺伝子が分かってしまうのです!

もちろん正確な遺伝子検査が出来れば良いのですが、日本には遺伝子検査が出来る施設は少ないですし、検査費用も掛かってしまうのが今の現状…。

こちらの本では「糖質制限遺伝子」の他に、「メタボ遺伝子」や「デブ遺伝子」なども簡単にチェック出来るので、興味ある方はぜひやってみて下さいね♪

アマゾンでベストセラー1位になり、増版もされている人気の本です^^

糖質制限してはいけない人の特徴は?

著者曰く、「日本人の1/4人は糖質制限してはいけない」遺伝子を持っているとの事。では、どんな人が糖質制限してはいけないか?ほんの一部をご紹介すると…

 ・ご飯やパンをよく食べるが、太っていない
 ・お腹が空くと汗が出てきたり、手が震えたりする
 ・筋力トレーニングしても、筋肉がつかない … 等。

チェックリストで調べた結果、私は「糖質制限してはいけない」遺伝子を持っていました!空腹になると冷や汗が出てきたり、手先がプルプル震え出すんですよね…。

この症状、実は危険だったみたいで、私のように「糖質制限NG」の人が糖質制限すると、最悪、意識障害にまで陥るとか!!怖い!

逆に言うと、「糖質制限NG」の人は、人より多く糖質を摂って良いということ。他の人よりご飯を2杯多く食べて良いんですって♪これはラッキー☆

糖質制限してはいけない人は、筋トレでどんどん痩せる!

では私のように、「糖質制限してはいけない」人は、どんな運動をすれば良いのでしょう?

その答えは「筋トレをすること」。
よく「有酸素運動の前に筋トレを行えば、早く脂肪を燃焼させることが出来る」と聞きませんか?これは、有酸素運動を始めてから約20分後に糖質→脂肪が使わるようになるため、無酸素運動である筋トレで先に糖質を使ってしまえば、20分も掛からずに脂肪燃焼が始まるからなのです。

「糖質制限してはいけない」人って、要は糖質を大量に消費できる遺伝子を持っているので、筋トレですぐに糖質を使い切るので、早く脂肪を燃焼することが出来るんです!

自分の遺伝子を調べてみよう!

自分の遺伝子を知ることで、食事方法や運動の仕方が変わってきます。様々なダイエットをしてきたけど効果がなかった、という人は、まず自分の遺伝子を調べることをオススメします^^

自分の遺伝子を知ることで正しいダイエット方法が分かり、結果として最短で効果を得られると思うので、諦める前にぜひ一度チェックしてみて下さい♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました